本文へスキップ

TEL. 093-642-3323

〒806-0048 福岡県北九州市八幡西区樋口町3番6号

 バスク工法『既設モルタル再生工法』

工法概要

バスク工法とは、老朽化した既設のモルタル・コンクリート吹付法面を補修・再生する工法です。
老朽化したモルタル・コンクリート吹付法面を補修することで、モルタル・コンクリート吹付の本来の目的であるふうか防止機能を再生することが出来る経済的な工法です。
既設のモルタル・コンクリートを剥ぎ取ることなく、その機能を再生させるリサイクル工法であるため、産業廃棄物の発生を最小限に抑制することができる地球に優しい工法です。
モルタル・コンクリート吹付にも寿命がある以上、剥ぎ取り+モルタル吹付の再施工が必要となる時期が必ず訪れます。そんな時にバスク工法は、要求に応えることのできる工法であると確信しております。
   施工前                                施工後           
      
      福岡県北九州市内 外構改修工事
《 特 徴 》
1.産業廃棄物の問題解消(剥ぎ取りを必要としない、リバウンドが極少)
2.交通規制が最小限(大規模な仮説防護柵が不要)
3.少しの施工ヤードで施工可能(大規模なプラント等は必要としない)
4.従来の工法の約75%程度の工事費(経済的な工法)
5.短い工期(工期の大幅な短縮)
6.CO2排出量の削減(使用機械が小型のため環境コストが低い)
《 適用範囲 》
1.既設の老朽化したモルタル・コンクリート吹付法面(風化・剥離・亀裂発生の防止)
2.石積及びコンクリート擁壁(風化・剥落・亀裂発生の防止)
3.コンクリート構造物の表面(劣化・亀裂防止)

バナースペース

武巳建設株式会社

〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町3番6号

TEL 093-642-3323
FAX 093-642-3305

ecoda-.htmlへのリンク