本文へスキップ

TEL. 093-642-3323

〒806-0048 福岡県北九州市八幡西区樋口町3番6号

新技術・工法technology

既設モルタル再生工法『バスク工法』  NETIS登録番号 QS-11009-A

バスク工法とは、「環境に優しい破壊なき再生」モルタル・コンクリートの補修工法です。従来の老朽化したモルタル・コンクリート吹付法面は劣化したモルタル・コンクリートを人力や重機により剥ぎ取り、再構築する方法でした。バスク工法は、老朽化したモルタル・コンクリートを剥ぎ取らすに 「ガラス短繊維補強セメント及びエマルジョン樹脂による複合材料」の伸縮性・密着性・接着力の材料特性を活かし、モルタル・コンクリート吹付法面をコーティングすることによりクラック・剥離及び劣化の進行を防止して延命を図る補修工法です。
                            詳細情報

空中窒素固定菌誘導型緑化工法『とってもエコダー工法』  NETIS登録番号 QS-110013-A

 とってもエコダー工法とは、化学肥料を使用せずに竹繊維を用いて、窒素固定菌を誘導、増殖されることにより大気窒素の固定を図り緑化を促進する空中窒素固定菌誘導技術と、竹繊維の透水性・耐久性により、従来型工法で必要であった、接合剤・ピートモス・ラス張工をも省略できる緑化工法です。
  いくつもの環境低減効果が期待でき、CO2削減・廃棄物発生の抑制・自然循環水の汚染回避・生物多様性の保全・天然資源の省資源化や森林・里山の環境保全などが挙げられます。
                            詳細情報

補強土植生のり枠工法『GTフレーム工法』  NETIS登録番号 CB-070019-A

 GTフレーム工法は、新発想の”柔構造”のり枠によって、ねばり強くのり面・斜面を守るとともに、全面緑化による景観保全やCO2排出量および現場廃棄物の発生量を大幅に削減するなど、さまざまな面から環境負荷の低減に貢献します。
  さらに施工が容易で、工期が大幅に短縮でき、かつ経済性に優れたのり面表層保護工法です。

バナースペース

武巳建設株式会社

〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町3番6号

TEL 093-642-3323
FAX 093-642-3305

bask.htmlへのリンク